ジョイント
コンサート


ワグネルとのジョイントコンサート

夏季休暇中の7~8月頃、京都を離れて他大学のオーケストラと合同で演奏会を行います。また、4年に一度慶應義塾ワグネル・ソサエティー・オーケストラとも合同の演奏会を行っています。

ジョイント期間中は合同練習だけでなく、観光など楽しい交流企画を通じて仲を深めます。ジョイントコンサートの運営は、2回生がジョイント総務を中心に、他大学の方との打ち合わせを重ねて進めていきます。こちらも演奏旅行同様約1年間かけてじっくりと演奏会づくりに取り組んでいます。

音楽に対する考え方や文化が違う団体と演奏会の運営を考えていくのはとても難しいことですが、その文化の違いこそがジョイントコンサートのおもしろいところでもあります。ジョイントコンサートは5日ほどしか交流期間がありませんが、共に過ごす時間の密度がとても濃く、合同演奏会が終わってからも連絡をとりあい、お互いの演奏会を訪ねるなど親しい交流関係が続いていくことも多いです。演奏面では、人数が倍になるためにアンサンブルが難しくなることもありますが、音楽を通じて心を合わせて行う大迫力の演奏は、ジョイントコンサートでしか体験できないものです。

ジョイントコンサートは、他大学と共演することによって新たな発見をし、様々な交流を通じて音楽の輪を広げ、京大オケとして成長できる貴重な機会となっています。