J.ブラームス
 交響曲第4番ホ短調 作品98


194-00-003-brahms

 この曲は1884年から1885年にかけて、ドイツの作曲家ヨハネス・ブラームスによって作曲され、彼の最後の交響曲となりました。第2楽章でフリギア旋法を、第4楽章でパッサカリアを用いるなど擬古的な手法を多用していますが、その古い形式の中に独創性とロマン性が盛り込まれています。

第1楽章 アレグロ・ノン・トロッポ ホ短調 2/2拍子
 ヴァイオリンによる三度下降の第一主題から始まります。ため息のように哀愁ただよう旋律から次第に緊張感を増していき、木管とホルンが三連音を含む力強い旋律を奏でます。そしてチェロとホルンによる伸びやかで美しい旋律が歌われた後、再び三連音の動機を経て、今度はロ長調の暖かい響きが現れます。しかし長調のテーマはすぐに途切れ、展開部へと入っていきます。展開部では第一主題が主調で再び現れるため、再現部のような印象を与えます。一方再現部は、第一主題が長く引き伸ばされており、すぐには再現であることに気づかれないようになっています。コーダで第一主題が変奏され、重厚な和音で締めくくられます。
 

第2楽章 アンダンテ・モデラート ホ長調 6/8拍子
 第2楽章ではホ音を基音とするフリギア旋法が用いられており、冒頭では短調のような印象を与えますが、旋律の終わりでクラリネットがホ長調の響きを重ねます。この第一主題が変奏されていき、ヴァイオリンが美しい旋律を奏でます。そして力強い三連音の動機を経た後、チェロがロ長調の旋律を表情豊かに歌い上げます。再現部はより劇的に進み、最後はフリギア旋法の主題が再び現れ、静かに幕を閉じます。
 

第3楽章 アレグロ・ジョコーソ ハ長調 2/4拍子
 この楽章はスケルツォ的な要素をもっており、強拍と弱拍が交代する場面が多々あります。冒頭の第一主題は、明るく豪快に始まり、形を変え、新しい動機を加えながら発展していきます。そしてヴァイオリンがのびのびと第二主題をうたい、展開部に入ります。ここでは第一主題が扱われており、ホルンがその変奏を穏やかに歌います。突然第一主題の途中から再現され、コーダを経て力強く終わります。
 

第4楽章 アレグロ・エネルジーコ・エ・パッショナート ホ短調 3/4拍子
 第4楽章は、8小節の主題をもとにした壮大な変奏曲で、主題と30の変奏曲およびコーダから成るパッサカリアの形式をとっています。さらに、全体をソナタ形式ととらえることもできます。この楽章は、バッハのカンタータ第150番〈主よ、わが魂は汝を求め〉の終楽章シャコンヌをモデルにしています。主題は、初めは高音域で提示され、第4変奏から低音に移ります。フルートソロの第12変奏は主題の原型をほとんど留めないほどに変形され、印象的に歌われます。第13から15変奏では管楽器によるコラールが穏やかに美しく奏でられます。冒頭の主題が戻ってくる第16変奏からは展開部に相当し、第24変奏からが再現部にあたります。第29から30変奏では第1楽章の主題に通じる3度下降が登場し、しかも各小節の頭の音を拾うとパッサカリア主題となっています。そしてコーダでさらに力強さを増し、激しく劇的に終わりを迎えます。

用語解説

フリギア旋法

教会旋法の一つ。第一音と第二音の間が半音であることが特徴。

←記事に戻る

スケルツォ

急速なテンポ、激しいリズムを特徴とする曲。諧謔曲とも呼ばれる。

←記事に戻る

パッサカリア、シャコンヌ

バロック時代に特有な変奏曲形式。

←記事に戻る